卒業生を代表して決意を述べる魚住巡査=徳島市論田町中開の県警察学校

 徳島県警察学校の初任科第144期生の卒業式が28日、徳島市論田町中開の同校であった。10カ月にわたって実務などを学んだ19人が警察官としての新たな一歩を踏み出した。

 鈴木信弘県警本部長が「頼りになる力強い警察官になってほしい」と訓示。卒業生を代表して魚住倫大巡査(27)が「県民から信頼される警察官となるよう誠心誠意努力します」と決意を述べた。

 卒業生は同日付で県内8署に配属され、交番勤務などに当たる。