ツアーガイドを体験する参加者=那賀町鮎川

 自然に触れ、農山漁村の生活を体験するグリーンツーリズムのインストラクター養成講座が2~5日、那賀町百合のわじき温泉であり、県内外から参加した11人が指導の在り方について学んだ。

 都市農山漁村交流活性化機構(東京)の宍戸信一グリーン・ツーリズムチーム長ら4人が、年齢に応じた指導方法などを講義。参加者が同町鮎川地区の観光資源を生かしたツアーを企画する実習もあり、ガイド役と観光客役に分かれて模擬ツアーを行った。

 同町谷内で乗馬クラブを経営する高瀬泰代さん(51)=小松島市赤石町=はユズを使った郷土料理などを楽しむツアーを企画。「引率や事前準備の大変さが分かった。もっと地域のことを学び、参加者に満足してもらえる体験メニューを考えたい」と話していた。