ふっくらとゆで上がったこんにゃく=徳島市八万町の米沢食品

 徳島市八万町新貝のこんにゃく専門店・米沢食品で、煮物やおでんに欠かせないこんにゃく作りが盛んに行われている。冷え込む朝の作業場には、ゆで釜から上がった白い湯気が立ち込めている。

 家族ら6人で作業。手動の練り機で練られたコンニャクイモをおわんで丸く成形し、釜に入れて50分ほどゆでると完成する。米沢省三社長(63)は「刺し身でも食べられ、コンニャク本来の味が楽しめる。おいしいですよ」と話していた。

 手作りこんにゃくは、同市川内町と大松町、松茂町にあるJA徳島市の直売所で1個170~200円ほどで販売される。