細田雄一

 最終日に行われたトライアスロンの混合リレーで、三好市出身の細田雄一(33)=博慈会=がアンカーを務めた日本が1時間30分39秒で勝ち、2連覇を遂げた。

 日本は細田ら4人(男女各2人)全員がトップのタイムをマークし、2位韓国など後続を寄せ付けず、最後はロンドン五輪代表のベテラン、細田が余裕を持ってゴールした。

 良い思い出に

 細田雄一の話 バイクが終わったら(2位と)3分も空いていた。頼もしい後輩に楽しませてもらっている。良い思い出になった。