春を感じさせる作品が並ぶ華月流選抜秀作展=あわぎんホール

 華道の華月流選抜秀作展(華月流華道会本部、華月流徳島連合支部主催)が12日、徳島市のあわぎんホールで始まった。13日まで。入場無料。

 徳島県の66人を含む四国4県の98人が「春を奏でる」を題材にした作品79点を展示している。チューリップやスイートピー、桃、桜といった春を代表する美しい花々を巧みに使い、華やかな雰囲気を演出している。

 6人がかりの超大作や趣のある花器に生けた作品なども並び、来場者は創造性あふれる力作に見入っていた。徳島市西新浜町1の主婦河野陽子さん(65)は「じっくり眺めていると気持ちも明るくなりますね」と笑みを浮かべた。