釣った魚を計量する参加者ら=牟岐町牟岐浦の牟岐漁港

 第34回牟岐町観光磯釣り大会(町観光協会主催)が12日、同町沖であり、県内外の愛好家90人が腕前を競った。

 参加者は渡船13隻に分乗して出港。牟岐大島や津島の磯に上がり、約7時間、釣り糸を垂らした。どの釣り場も水温が安定しない悪条件の下、制限時間いっぱいまで粘り強く大物を狙った。

 グレは10倍、イシダイは5倍(いずれも1匹のみ)に重さを換算して競った結果、7・6キロを記録した北島町鯛浜の会社員土肥良二さん(56)が優勝した。土肥さんは「勝てるとは思わなかった。とてもうれしい」と話していた。