会場の笑いを誘う落語を披露する柳亭燕路さん=あわぎんホール

 女性向け会員制クラブ「徳島新聞女性クラブ」は17日、落語家の柳亭燕路(りゅうていえんじ)さんと弟子で女流落語家の柳亭こみちさんを招いた落語会を徳島市のあわぎんホールで開いた。

 燕路さんは集まった約300人を前に「初天神」「妾馬(めかうま)」を披露。妾馬では、大名に対してとんちんかんな回答をする町民の様子を軽妙に語り、会場の笑いを誘った。こみちさんは「まんじゅうこわい」「ガマの油」を表情豊かに演じた。

 生の落語を初めて見たという上板町下六條の無職森芳子さん(66)は「落語を身近に感じることができ、たくさん笑わせてもらった」と話していた。

 県酒造組合の日本酒や梅酒約15種類を試飲できるコーナーもあった。