新年の訪れを祝って打ち上げられたカウントダウン花火=小松島市小松島町の小松島みなと交流センターkocolo前

 小松島カウントダウン花火(小松島ロータリークラブ主催)が1日、小松島市小松島町の小松島みなと交流センターkocolo前で初めて行われ、親子連れら約500人が新年を祝った。

 31日午後11時59分すぎ、来場者らがカウントダウンを開始。日付が変わると、「ファイヤー」の掛け声と同時に約220発の花火が打ち上げられた。会場では、地元バンドのライブなどもあった。

 家族で訪れた徳島市の津田中学校1年、遠藤蒼太君(13)は「今年も家族みんな健康で楽しく過ごしたい」と話した。