和太鼓の演奏に合わせ、書の実演を行う吉野さん=吉野川市鴨島町の向麻山公園

 初日の出に合わせて書き初めを行う催しが1日、吉野川市鴨島町上浦の向麻山公園であり、地元住民ら約100人が新年の抱負や願いをつづった。

 午前7時すぎ、同市の書道グループ「遊墨会」を主宰する書道家吉野美苑(びえん)さん(53)=同市鴨島町西麻植=らが実演を行った。地元の和太鼓団体「太鼓一家」の演奏に合わせ、縦90センチ、横70センチの紙に平和への思いを込めた「鳥」の字などを豪快に書き上げた。

 参加者も朝日を浴びながら「愛」「絆」などとしたためた。「幸」と書いた同市の西麻植小学校2年、岡田奈々さん(8)は「今年も学校で楽しいことがたくさんあるとうれしい」と話した。