実践指定校教員を大分大会に派遣 徳島県推進協、徳島市で総会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教育現場の新聞活用を支援している徳島県NIE推進協議会の2016年度総会が24日、徳島市の徳島新聞社で開かれ、事業計画を決めた。

教育関係団体や新聞・通信社から19人が出席。8月4、5両日に大分県で開かれるNIE全国大会に実践指定校の教員らを派遣することなどを決めた。

役員改選では、原卓志鳴門教育大教授を会長に再任。副会長に木下慎次徳島県副教育長=再、徳島新聞社の宮本正理事編集局長=新=を選んだ。

このほか、16年度の実践指定校として6校を決めた。

16年度の実践指定校は次の通り。

応神小学校(徳島市)▽佐古小学校(同)▽撫養小学校(鳴門市)▽椿町中学校(阿南市)=以上継続。川田小学校(吉野川市)▽三庄小学校(東みよし町)=以上新規。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする