とくしま創生アワード ビジネス部門&ソーシャル部門のアイデア募集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島県を元気にするアイデアを募集し、徳島県ゆかりの経営者らと支援する「とくしま創生アワード」のアイデアを募集しています。

徳島県内外問わず、徳島というキーワードと関わりがあるアイデアをご応募ください。

※8月21日締切

http://www.topics.or.jp/award

募集部門

  • ビジネス部門:ビジネスとして確率、成長を目指すプラン
  • ソーシャル部門:地域の賑わい創出や生活支援、伝統継承など地域に根ざした取り組みを進めるプラン

応募対象者の条件

  • 創業または新規事業開始前~開始後1年以内の個人・企業・団体
    ※創業または設立1年以上の企業や団体は、第2創業や新規事業であれば応募可能
    ※開始前の場合、1年以内をめどに事業化に向けた行動(創業支援機関への相談やテストマーケティングなど)を起こすこと
    ※アイデアだけでなく自らが主体となって実行すること
    ※徳島というキーワードがどこかに含まれていること
  • 11月10日(金)に開く最終審査会(徳島市内)への参加
  • 事業エリアやジャンル、年齢に制限はありません

支援内容

支援金

  • グランプリ:50万円(1組)
  • 準グランプリ:30万円(ビジネス部門、ソーシャル部門から各1組)
  • サポーター個人賞:審査を担当したサポーターが、全応募の中から注目したプラン・人物を選出し、副賞を贈呈します。
    ※副賞例 ランチミーティング権、自社製品・サービスの提供
  • 学生賞:学生による応募書類の中から審査し、今後の成長が期待されるプラン・人物に贈呈。副賞として、サポーターのオフィス訪問やメンタリングの機会などが贈られます。
    ※グループでの応募の場合、代表者と主たる構成メンバーが学生であること

その他

  • その他、サポーター、金融機関、大学、新聞社などの各種支援(応募プランの実現化に向けたアドバイス、関連事業の案内、広報支援など)
  • 交流会参加権(人脈作りの機会提供)

審査員・審査方法

サポーター、協賛各社、とくしま創生アワード実行委員会
※最終審査会への出席者は未定

  • 1次審査:書類審査
  • 最終審査:プレゼンテーション

審査基準

  • 実現性:事業のビジョンとプランが明確で、成し遂げる十分な情熱があること
  • 成長性:将来的に自立運営や、事業の拡大が見込めるモデルであること
  • 新規性:プランの内容に独自の発想や技術が含まれること
  • 社会性:地域社会に貢献するプランであること

応募方法 8/21(月)必着

注意事項

  • 提出書類は本アワードの目的のみに利用し、実行委、協賛社、サポーターなどで共有されます。応募者の氏名、事業名、概要は各種メディア(新聞ほか)で公表する場合があります。提出書類は返却しません。
  • 審査内容につきましては公表しません。
  • 特許権等の知的財産権は応募者に帰属しますが、権利関係に関する問題が生じた場合は、応募者責任で解決するものとし、秘密事項については応募者責任で法的保護(特許出願など)を行ってください。

主催:とくしま創生アワード実行委員会

徳島県、徳島新聞社、徳島県信用保証協会、徳島経済研究所、徳島大学、徳島文理大学、四国大学

協賛金融機関

阿波銀行・徳島銀行・JAバンク徳島・徳島合同証券

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする