徳島をたっぷり 11月の紙面予定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載「救急民間委託の半年」

常備消防のない勝浦町が、救急業務の民間委託を始めてから半年がたちました。搬送実績は増え、順調なスタートを切ったといえる半面、課題も浮かび上がっています。全国2例目の取り組みを振り返り、今後を展望します。(上旬、地域面)

紅葉礼賛

恒例企画となった季節の写真を各面に同時掲載する「礼賛」シリーズ。県内各地の紅葉の風景を紹介します。(1面ほか)

AI時代を生き抜くには

人工知能(AI)やロボットの進化により、ほとんどの仕事がなくなるともいわれます。将来、私たちの社会はどうなるのか、子どもたちはどんな力を身に付けていけばいいのか、専門家に聞きます。(暮らし面)

女性と政治

10月の衆院選で、同院議員における女性の割合は10・1%となりました。国際平均(23・6%)と比べても著しく低い数字です。なぜ女性議員は必要か。議会における女性の声の重要性を考えます。(5日、女性のページ)

高校スポーツ真っ盛り

冬休みに全国大会が行われる高校スポーツの県予選がめじろ押し。バスケットボールは3日、駅伝・バレーボール・弓道はいずれも5日、サッカーは12日、ラグビーは18日に県代表が決まります。決勝の模様を紹介します。(スポーツ面)

「NIE月間」特集

11月は教育に新聞を活用するNIE活動を推進する月間です。日本新聞協会などからNIE実践校に指定されている県内7校の取り組みを16日付で紹介します。「地域連携とNIEの可能性」をテーマに、下旬に京都府宇治市で開かれる「日本NIE学会」のシンポジウムと分科会の詳報を30日付で特集します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする