徳島新聞社NIE/NIB

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教育に新聞を&ビジネスに新聞を

NIE(Newspaper in Education=教育に新聞を)




NIEとは新聞を使った学習を進める運動です。1930年代、教育現場で新聞を使うことを念頭にカリキュラムをつくる運動が米国で始まり、日本でも、1985年に静岡県で開かれた新聞大会で提唱され、89年から広がり始めました。

この運動を支援するために、日本新聞協会と教育界とが提携して、全国各地にNIE推進協議会が発足させ、毎年、全国で小中高のほか、中高一貫校や特別支援学校など約500校が協会からの実践校指定を受け、新聞各紙の提供を受けて総合的な学習の時間や社会科、国語などで様々な新聞活用に取り組んでいます。

徳島県では、毎年、小中学校を中心に6~9校が実践指定を受け、独創的な授業を展開しています。

NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)

徳島新聞社では、自治体や企業、大学・専門学校に記者経験者らを派遣して、情報の活用法などを教える「NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)出前授業」を県内各地で展開しています。

徳島のことを知り、企業・自治体や、住民(顧客)の課題解決に結びつけること、コミュニケーション力、情報収集力・分析力などは社会人として欠かせない能力。

これらを身につけるために新聞を活用してみませんか?

ニーズに応じ、新聞各社の記者経験者らが会場に伺い、講座を実施。新入社員からベテラン社員、大学や専門学校の授業など、時間や人数もニーズに応じて構成。

新聞を活用した参加型研修も

講義形式だけでなく、記事を使ってのグループワークやディベート、記事やコラムに見出しをつけてみるなど、受講者が積極的に参加できます。まわし読み新聞も対応可能です。

<実績>徳島銀行、徳島文理大学、徳島県警察学校・・and more

「仕事に新聞役立てて」警察学校で講演

問い合わせ

徳島新聞社 編集局NIE推進室Tel.088-655-7421