徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
社説
9月1日付  防災の日   できることから始めよう  
このエントリーをはてなブックマークに追加

 大きな地震が毎年のように起き、経験したことのないような豪雨も相次いでいる。
 
 きょう9月1日は「防災の日」である。1923年のこの日、相模湾を震源とする関東大震災が発生し、10万人以上が亡くなった。
 
 災害は人ごとではなく、いつ襲ってくるか分からない。備えを改めて点検し、減災への心構えを新たにすることが大切だ。
 
 徳島県に甚大な被害をもたらす恐れがある南海トラフ巨大地震は、30年以内に70%程度の確率で発生するとされる。マグニチュード(M)は8~9と、9・0だった東日本大震災に匹敵する。
 
 政府は最大30万人超の死者が出るとし、徳島県は最悪で3万1300人が犠牲になると想定している。
 
 その多くは津波によるものだ。強い揺れがあったらできるだけ早く、高く遠い所に逃げる必要がある。
 
 県内の沿岸市町は避難タワーやビル、避難路の整備、確保を進めている。最寄りの避難場所はどこか、近所に障害者やお年寄りなど助けが要る人はいないか。日ごろから確認しておくことが重要だ。
 
 建物の耐震補強も急がれる。南海トラフの地震では、県内全域が震度6~7に見舞われ、最大で11万6400棟が全壊・焼失するとされているからだ。
 
 県北部を東西に走る中央構造線断層帯を震源とする直下型地震でも、最大震度は7に達する。県が7月に公表した被害想定は、吉野川北岸を中心に最悪で3440人が死亡し、6万3700棟が全壊・焼失するとした。犠牲者の大半は建物の倒壊による。
 
 昨年の熊本地震では、1981年までの旧耐震基準で建てられた住宅の被害が目立った。耐震化は自己負担がネックになっているが、多くの命を救うのは間違いない。
 
 県や市町村は、補助金の増額や簡易で低コストな工法の普及などで、県民の安心安全を後押ししてほしい。
 
 家具の固定化や、揺れを感知して自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」の設置など、手間のかからない対策もある。それぞれができることから実行すべきだろう。
 
 きょう、鳴門市のウチノ海総合公園を主会場に行う県総合防災訓練は、「被災市町村との連携」をテーマに全県域で展開する。いざというときに役立つよう、しっかりと取り組んでもらいたい。
 
 注意しなければならないのは、巨大地震だけではない。
 
 長く降り続く猛烈な雨や突然のゲリラ豪雨、巨大化した台風と、このところ異常気象が珍しくなくなっている。7月には、40人以上の死者・行方不明者を出した九州北部豪雨があり、8月も関東や東北を大雨が襲った。
 
 身を守るために求められるのは、的確な情報収集と早めの避難である。

 一人一人が防災意識を高め、被害が少しでも減るよう心掛けたい。

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報