徳島新聞Web

6月28日(水曜日)
2 2
27日(火)
28日(水)
2015年の選挙
徳島市開票混乱、5票多いまま確定 県選管「当落影響なし」   2015/4/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島市開票混乱、5票多いまま確定 県選管「当落影響なし」 徳島県議選で、投票者数より集計票数が上回り開票作業が遅れていた徳島市選管は13日午前2時45分、集計票数が5票多いままで開票結果を確定した。確認を進めたが、詳しい原因は分からなかった。報告を受けた県選管が「候補者の当落に影響はない」などとして判断した。

 市選管によると、各投票所で投票用紙を交付した数を集計した投票者数は8万1080票だった。だが、開票の結果、有効投票数が7万8941票、無効投票数は2144票あり、合計が投票者数を5票上回った。

 12日午後11時すぎ、開票結果を最終確認していた際に、集計した票数と投票者数が合わないことが分かった。当初は集計票数が22票上回っていたが、投票された全ての票を再度、計数機で確認したところ、ある候補者の100票の束に99票しかなかったケースと、別候補者の84票の束を100票と間違えてカウントしていたケースの二つのミスが見つかり、実際より17票多くカウントしていた。

 市選管によると、84票のケースは、本来端数として処理すべきところを職員が誤って100票の束に重ねたとみられる。99票のケースは計数機の数え間違いなどの可能性が考えられるという。

 残り5票については「原因は分からない」とし、県選管と協議。県選管は、候補者の当落に影響がなく、全国的に同様のケースがみられることなどから確定させた。

 総務省選挙部管理課は「投票者数と票数が合わないことは時々あり、数え直しても合わないのなら確定せざるを得ない。ただちに法的に問題があるとは言えない。原因としては二重投票などが考えられる」とした。

 投票者数を上回った5票は「不受理持ち帰り等」を「マイナス5票」とし、投票者数、投票率は変更しない。市選管は開票終了の予定時刻を13日午前0時としていたが、2時間45分遅れた。

 市選管の山口啓三事務局長は「候補者と市民の皆さんに申し訳なく、おわびしたい。考えられる箇所全てを点検したが、現段階でどこに問題があるのか分からない」と話した。確定後に段ボール内に封印した票は原則開けることができないため、市選管は今後、その他の書類から原因究明を進める。
【写真説明】票数の不一致が判明し、束票を数え直す徳島市職員=午前2時ごろ、徳島市の徳島グランヴィリオホテル

2015年のニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報