徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
16日(土)
17日(日)
2017年徳島の選挙ニュース
つるぎ町長選 告示まで1週間   2017/3/7
このエントリーをはてなブックマークに追加

つるぎ町長選 告示まで1週間 任期満了に伴うつるぎ町長選と同町議補選(欠員1)は、14日の告示まで1週間となった。町長選に立候補しているのは、4選を目指す現職の兼西茂氏(64)=同町半田逢坂=のみ。立候補予定者説明会に参加した40代の男性が立候補を検討しているが、選挙戦になるかは微妙な情勢だ。町議補選には元職と新人の計2人が立候補を予定しており、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて以降、県内の地方選では初めての選挙戦となる見込みだ。

 兼西氏は、2016年12月の町議会定例会で正式に出馬を表明し、17年3月4日に同町貞光に後援会事務所を開設した。美馬西部学校給食センターの改築や社会福祉の拠点となる施設の建設などを公約に掲げている。

 全町議13人、美馬第2選挙区選出の県議1人が支持し、県建築士会美馬支部が推薦しているほか、町商工会、町婦人会などが支援している。

 町議補選は、半田地区の元町議1人と貞光地区の新人1人が立候補を予定している。

 町長選、町議補選とも立候補の届け出は、14日午前8時半から午後5時まで、同町貞光の町農業構造改善センターで受け付ける。

 2日時点の有権者数は8561人(男3934人、女4627人)で、このうち18、19歳の有権者数は125人(男69人、女56人)。

 選挙権年齢の引き下げは昨年7月の参院選告示日以降から適用され、徳島県内の地方選はこれまでに吉野川、小松島両市長選が行われたが、いずれも無投票だった。
【写真説明】兼西茂氏

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報