徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
23日(月)
24日(火)
2017年徳島の選挙ニュース
吉野川市議選告示まで1ヵ月 選挙戦か微妙な情勢    2017/4/7
このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う吉野川市議選(定数20)は5月7日の告示まで1カ月となった。徳島新聞の取材では20人が立候補の意向を示している。他に1人が出馬を模索しているが、選挙戦になるかどうか微妙な情勢で、前哨戦は低調だ。
 
 立候補を予定しているのは現職19人と元職1人。現職1人が引退の意向を示している。出馬を検討しているのは新人1人で、他に目立った動きはない。
 
 立候補予定者を地区別でみると、鴨島町で現職8人、山川町で現職5人と元職1人、川島町で現職4人、美郷で現職2人。
 
 各陣営は支持者回りで票固めを図り、選挙戦への準備を進めている。ただ無投票との観測が流れていることもあって盛り上がりに欠ける。鴨島駅周辺の活性化に向けたアリーナ(屋内競技場)建設の是非など市の課題はあるが、明確な争点にはなっておらず、有権者の関心は高まっていない。
 
 立候補予定者説明会は10日午前10時から、届け出書類の事前審査は19、20両日午前9時から午後5時まで。いずれも市役所で行われる。
 
 3月2日現在の有権者数は3万6459人(男性1万7159人、女性1万9300人)で、18、19歳は586人。
 
 吉野川市が2004年に発足して以来、市議選は補選を除いて3回行われたが、いずれも選挙戦になっている。

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報