徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
2017年徳島の選挙ニュース
阿波市長に藤井氏 投票率最低 33・51%   2017/4/17
このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う阿波市長選は16日投開票され、新人で前副市長の藤井正助氏(66)=無所属、阿波町十善地=が7988票を獲得し、新人で元市議の原田健資氏(71)=無所属、市場町興崎=に5243票差をつけて初当選した。2期8年を務めた現職・野崎國勝市長の引退を受けてこれまでの市政運営の評価や人口減少対策が争点となり、野崎氏の路線継承を掲げた藤井氏に支持が集まった。投票率は33・51%で、選挙戦となった2009年の前々回の77・55%を44・04ポイント下回り、市発足以来、最低となった。県内の首長選でも平成に入って3番目に低かった。

 藤井氏は、市総務部長や政策監を歴任した47年の行政経験を強調し、子育て支援の充実や農業振興、防災強化などの政策を前面に打ち出した。市議20人中19人の支持を受けるなど終始優位に戦いを進め、地元の阿波町をはじめ全域で手堅く票をまとめた。

 原田氏は「市政改革」を訴え、市長給与の削減や道路整備をアピールしたが、支持を得られなかった。

 昨年6月に選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて以降、徳島県内の首長選では初めて投票が行われた。18、19歳の有権者数は646人(男309人、女337人)で、投票率は市選管が後日発表する。

 当日有権者数3万2725人(男1万5545人、女1万7180人)▽投票率33・51%(男34・43%、女32・68%)▽有効1万733票▽無効233票。

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報