徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
2017年徳島の選挙ニュース
吉野川市議選 7日告示 1人超 選挙戦濃厚   2017/5/6
このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う吉野川市議選(定数20)は7日、告示される。出馬を予定しているのは現職19人、元職1人、新人1人の計21人で、他に立候補への動きは見られない。定数を1人上回る選挙戦となる見通しで、各立候補予定者は票固めに奔走している。

 地区別の候補者の内訳は、鴨島町(3月2日時点の有権者数2万76人)が現職9人と新人1人。山川町(8907人)は現職5人と元職1人。川島町(6548人)は現職3人。美郷地区(928人)は現職2人となっている。

 党派別では公明、共産が各1人で、他の19人は無所属。

 4月に入るまでは無投票ムードが漂っていたが、同月10日の立候補予定者説明会で選挙戦の可能性が高まったことを受け、多くの陣営があいさつ回りを本格化させた。特に、有権者数に対して立候補予定者の少ない川島町で集票を図る動きが活発になっている。

 目立った争点はなく、各立候補予定者は地元の活性化や福祉・教育の充実といった従来通りの主張を展開している。地縁や血縁、知人などを軸に支持拡大に努めている。

 立候補の届け出は、7日午前8時半から午後5時まで市役所で受け付ける。投票は14日午前7時から午後8時まで市内27カ所で行われ、うち2カ所は投票締め切りを1時間繰り上げる。

 3月2日時点の有権者数は3万6459人(男1万7159人、女1万9300人)で、18、19歳は586人(男303人、女283人)。

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報