徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
2017年徳島の選挙ニュース
吉野川市議選 14日投開票 票上積みへ奔走   2017/5/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉野川市議選 14日投開票 票上積みへ奔走 任期満了に伴う吉野川市議選(定数20)が14日、投開票される。定数を1人上回る21人が立候補しており、各陣営は最後の訴えに奔走している。大勢が判明するのは14日午後11時ごろの見通し。

 立候補者は現職19人、元職1人、新人1人。党派別では公明、共産が各1人で他の19人は無所属。各陣営は市内をくまなく回って票の上積みを図っている。若い世代の浮動票を取り込むため、帰宅時間帯に合わせて街宣する姿も見られる。

 現職9人と新人1人が競う鴨島町が激戦区。2009年の前々回市議選以来となる新人出馬に、現職陣営は票の行方に気をもむ。町外の候補者も選挙カーを走らせ、有権者数2万人超の大票田で集票を繰り広げている。

 ただ、主張を展開する場面はほとんどなく、選挙カーでの名前連呼、血縁や知人に頼った票集めに終始。約1カ月前まで無投票の観測が流れていたこともあって告示後もムードは低調で、投票率は過去最低だった前回(64・51%)を下回りそうだ。

 当選ラインは前回の771票より下がる可能性が高く、当落線上で3、4人が競り合っているもようだ。

 12日までに期日前投票をしたのは3424人。14日の投票は市内27カ所で午前7時から午後8時まで(皆瀬、榎谷両集会所は午後7時まで)。開票は同日午後9時から川島町桑村の市交流センターで行う。

 6日時点の有権者数は3万6421人(男1万7156人、女1万9265人)で、18、19歳は667人(男342人、女325人)。

 ◆HPに結果掲載

 徳島新聞社は、吉野川市議選の開票結果をホームページ(HP)に掲載します。

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報