徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
2017年徳島の選挙ニュース
那賀町議選の告示まで1カ月 定数1超の可能性   2017/9/17
このエントリーをはてなブックマークに追加

 定数割れの可能性が出ていた那賀町議選(定数14)は、10月17日の告示まで1カ月となった。現職4人と新人2人が新たに出馬の意向を示し、現時点で立候補を予定しているのは15人となった。2009年以来、8年ぶりの選挙戦になる可能性が高くなっている。

 立候補を表明しているのは現職11人、新人4人の計15人。現職2人が引退する。

 地区別に見ると、鷲敷(有権者数2497人)は現職3人、新人1人。相生(2319人)は現職1人、新人1人。上那賀(1396人)は現職5人、新人2人、木頭(1114人)は現職2人。木沢(519人)はいない。

 党派別では共産2人の他は無所属。女性は1人。

 相生の現職3人が引退の意向を示していたが、このうち1人は一転して出馬を表明した。上那賀と木沢の現職各1人は「検討中」としており、この2人が出馬すれば一転して激戦となる。

 支援者回りなどの活動は9月に入ってから活発になってきた。政策面で目立った争点はないが、議員報酬引き上げなど「議員のなり手不足」対策については町民の関心が高い。

 13年10月の前回は定数16で行われ、無投票になった。町議会は無投票や人口減少を踏まえ、15年6月に定数を2削減する条例案を可決した。

 立候補予定者説明会は22日午後2時から町地域交流センターで開く。届け出書類の事前審査は10月11日の予定。9月1日時点の有権者数は7845人(男3662人、女4183人)。

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報