徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
23日(月)
24日(火)
2017年徳島の選挙ニュース
現職・新人一騎打ち濃厚 徳島・上板町長選、26日告示   2017/9/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

現職・新人一騎打ち濃厚 徳島・上板町長選、26日告示 任期満了に伴う上板町長選が26日に告示される。立候補を表明しているのは、無所属で現職の七条明氏(66)=同町七條=と、無所属で新人の町議会議長松田卓男氏(69)=同町神宅=の2人。他に新たな動きはなく、一騎打ちとなる公算が大きい。政策的に大きな争点はないが、現町政への是非を問う、激しい選挙戦が繰り広げられそうだ。10月1日に投開票される。

 七条氏は1期目に取り組んだ施策の継続に加え、18歳までの医療費無償化などの子育て支援策や空き家を活用した若者の定住促進、自主防災組織の充実を図る防災対策の推進を訴えている。町議4人が支持する。

 松田氏は「小さくてもキラリと光る町づくり」をキャッチコピーに、ふるさと納税の充実による自主財源の確保や、保育料の半額助成、町特産品の認証制度創設などを主張。町議7人が積極的に動いている。

 残る町議2人は、どちらも支持しないことを明らかにしている。

 同町長選はこれまで6回連続で選挙戦になっている。今回は明確な争点がなく、官製談合事件で当時の現職町長が逮捕されたことに伴う出直し町長選となった前回ほどの激しさはないが、町内各所で両陣営ののぼりが目立つようになり、選挙ムードは高まりつつある。

 立候補の受け付けは26日午前8時半から午後5時まで町役場で行われる。9月1日時点の有権者数は1万458人(男4974人、女5484人)。
【写真説明】【左】松田卓男氏【右】七条明氏

2017年徳島の選挙ニュース
過去の選挙
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報