徳島新聞Web

3月28日(火曜日)
2 2
28日(火)
29日(水)
経済
意外と知らない!? 運転中以外も守ってくれる「人身傷害保険」の特長と注意点   2017/03/21
このエントリーをはてなブックマークに追加


保険に詳しいFPが人身傷害保険の対象となる事故と注意点を紹介
 自動車保険ではさまざまなリスクに対する補償があるが、記名被保険者(契約車を主に使用する人)やその家族、また契約車に搭乗中の人のケガなどに備えることができるのが「人身傷害保険」だ。人身傷害保険では、契約車運転中の事故時はもちろん、契約の方法によってはそれ以外の事故でも保険金を受け取ることができる。人身傷害保険の対象となる事故と注意点を確認しよう。

年間2万件を超える苦情から読み解く『失敗しない自動車保険の選び方』

▼人身傷害保険はどんな補償?

 自動車事故でケガなどをした場合、基本的には、相手と自身との過失割合を決めて、相手の過失分だけ相手に補償をしてもらい、自身の過失分については自己負担となる。これが、人身傷害保険では過失割合に関わらず補償をしてくれる。相手の過失分については、相手の賠償金を待たずに保険金で補償され、相手方への交渉は保険会社が行ってくれるので、経済的にも精神的にも心強い。

 また支払われる金額は、各保険会社の定める基準に従って、保険金額(契約金額)を上限に支払われる。このとき、補償を受けられる人それぞれに対して上限が設けられるため、一つの事故に対して補償対象となる人が複数人いれば、各人が保険金額を限度に保険金を受け取ることができる。

▼対象となる事故の種類

 人身傷害保険では原則、契約車の事故において搭乗している人が補償される。しかし特約の付帯や契約プランによっては、バスやタクシーなど「他の自動車」に搭乗中の事故や、歩行中または自転車に乗っているときなど、契約車外で自動車事故にあった場合も補償できる。

 さらに、保険会社や契約内容によっては電車や自転車、航空機、エレベーターなど交通乗用具での事故や、駅構内で起きた事故など、自動車が原因でない事故であっても補償をする特約や契約方法を用意している場合もある。

 保険料は、契約車搭乗中の事故に限定した方が抑えられるが、事故の範囲を広げることで日常の事故に備えることができる。普段の生活で自身の車以外に搭乗することや、交通量の多い道を通ることが多い場合は、補償範囲を広げた契約も検討したい。

▼補償が広くても油断は禁物

 ここで注意したいのは、「他の自動車=他人の所有する自動車」であるため、“記名被保険者やその家族が所有する自動車、または主に使用している自動車”は「他の自動車」に含まれないことだ。

 例えば、夫が妻の車に搭乗している時に事故が起きた場合、いくら夫の車で「他の自動車」の事故を補償する人身傷害保険に入っていても、当該事故に対して補償することができない。家族の所有する自動車での事故は、あくまでもその自動車を契約車として人身傷害保険に加入し、備えなければならない。

 人身傷害保険は、記名被保険者に限らず配偶者や同居の親族、さらに別居に未婚の子も補償対象に含まれ、範囲が広い。補償範囲が広いのは便利だが、油断もしがちだ。補償対象外となる事故を契約前に確認しておこう。

<記事/松原季恵(マイアドバイザー登録FP)>
CFP(R)、銀行、損害保険会社での勤務経験を経て、FPとなる。生損保商品や住宅ローンに詳しく、現在は執筆・セミナー・相談を通じてお客様サイドに立った情報提供をしている。




アニメ
経済
音楽
ランキング
エンタメ総合
その他
映画
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報