徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
23日(月)
24日(火)
エンタメ総合
中山美穂、キレッキレのラップ披露 27年ぶり『世にも奇妙な物語』出演   2017/10/07
このエントリーをはてなブックマークに追加


『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』に出演する中山美穂 (C)フジテレビ
 女優の中山美穂(47)が14日放送のフジテレビ系特別番組『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』(後9:00)に出演することが明らかになった。同シリーズの記念すべき初回(1990年)で主演を務めて以来27年ぶりの出演。今回主演する「フリースタイル母ちゃん」ではキレッキレのラップを披露する。

【劇中カット】スチャダラパー・ANIと共演した中山美穂

 中山演じる細川房子は、家庭に無関心なサラリーマンの夫、近ごろ無愛想になった中学生の一人息子と3人家族で、パートに出ているごく普通の主婦。内気な性格で職場のセクハラ店長にも抵抗できず、思春期の息子とも距離が縮まらない。そんなある日、怪しい露天商から「ストレス解消になる」と言われ高級リップクリームを買わされるのだが、それを唇に塗った途端、脳内にスクラッチ音が鳴り響き、プロ顔負けのフリースタイルラップが口をついて出てくるようになってしまう…。

 最強のラッパー母ちゃんとなって、最後には壮大なラップバトルを繰り広げる異色の役どころ。演技にあたりフリースタイルのラップを猛特訓したそうだが、「音階があまり無いので、ちょっとはできるかなと思ったのですが、とんでもない! 本当に難しかったです」と苦戦した模様。

 見どころを聞くと「ラストシーンですね。最後の最後にギクっとなるので…。明かすことはできないのですが、最後の最後まで見てほしいです。全体的に面白いのが、内容とラップのギャップで…あ、」とついつい韻を踏みながら紹介してしまい、練習の成果はバッチリ? 27年ぶりのシリーズ出演となるが「(ホラーだった)前回とは作品のテイストも全然違うし、完全にフレッシュな気持ちでこの作品にのぞんでいます」と心境を明かしている。

 共演陣には、いとうせいこうやスチャダラパー・ANIなどジャパニーズラップの第一人者たちの名前も。彼らとどんなライムを戦わせるのか、期待が高まる。




アニメ
経済
音楽
ランキング
エンタメ総合
映画
その他
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報