徳島新聞Web

2月24日(土曜日)
2 2
24日(土)
25日(日)
音楽
マンウィズ、実写映画『いぬやしき』主題歌 主演・木梨憲武「最高にステキな曲」   2018/02/14
このエントリーをはてなブックマークに追加


木梨憲武16年ぶり主演映画『いぬやしき』の主題歌を担当するMAN WITH A MISSION
 オオカミバンド・MAN WITH A MISSIONの新曲「Take Me Under」が、木梨憲武16年ぶり主演映画『いぬやしき』(4月20日公開)の主題歌に起用されたことが明らかになった。同曲はシングルとして4月18日に発売されることも決定した。

主題歌が入った『いぬやしき』本予告映像

 原作は『GANTZ』で知られる奥浩哉氏の同名人気漫画。定年を間近に控えた冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨)が謎の事故に巻き込まれて機械の身体に生まれ変わり、人間を遥かに超越する力を手に入れる。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓(佐藤健)は、手に入れた力で自分の意志に背く人々を傷つけていく。

 映画プロデュース陣は主題歌アーティストを決めるにあたり、頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体で、“いぬ”と“オオカミ”が同じイヌ科という共通点などから「このバンドしかいない! ワンだウルフ!!(Wonderful)」とオオカミバンド・MAN WITH A MISSIONに熱烈オファー。メンバーがもともと原作のファンだったことから、アニメ『いぬやしき』のオープニングテーマ曲に続き、実写映画のために新曲「Take Me Under」を書き下ろした。

 作詞作曲を担当したジャン・ケン・ジョニーは「ダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。映画『いぬやしき』トトモニ楽シンデ下サイマセ!」とコメント。主演の木梨は「最高にステキな楽曲! 不思議な光を浴びて私もオオカミになり、MAN WITH A MISSIONと一杯やりたいです」と喜んでいる。





アニメ
経済
音楽
ゲーム
ランキング
エンタメ総合
その他
映画
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報