遺伝子診断(キャンサーパネル)により選ぶ新しいがん治療

徳島大学大学院市民公開講座
3月11日 長井記念ホール 聴講者募集
◇とき 3月11日(日)14時~16時半(開場13時半)
◇ところ 長井記念ホール(徳島大学蔵本キャンパス内、徳島市蔵本町3丁目18-15)
◇内容 開会挨拶・丹黒章氏(徳島大学医学部長)
▽講演①「がんと遺伝子」井本逸勢氏(徳島大学大学院医歯薬学研究部人類遺伝学分野教授)②「有効な薬を求めて」高山哲治氏(徳島大学大学院医歯薬学研究部消化器内科学分野教授)③「遺伝子診断外来」藤野泰輝氏(徳島大学病院がん診療連携センター特任助教)④「治療の実際(肺癌、乳癌)」滝沢宏光氏(徳島大学病院がん診療連携センター長)⑤「行政の立場から」鎌村好孝氏(徳島県保健福祉部次長)▽閉会挨拶・高山哲治氏
◇入場無料 ただし聴講券が必要(希望者多数の場合は抽選)駐車場無料
◇定員 300人
◇応募締め切り 2月28日(水)必着
※聴講券または落選通知の発送は3月2日(金)
◇申し込み・問い合わせ はがき、ファクス、WEBで受け付けます。郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、性別、年齢、電話番号と、今回の内容について質問があれば明記し、〒770-8572 徳島新聞社企画推進部「新しいがん治療」係<電088(655)7407>(平日9時半~17時半)へ。ファクスは<088(622)8875>
※複数での参加を希望される場合は、参加される方の氏名、年齢、性別もご記入ください
>>WEBからの申し込みはこちら
主催 中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム、徳島大学大学院医歯薬学研究部
共催 徳島大学病院がん診療連携センター、徳島大学研究クラスター、徳島新聞社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする