徳島新聞Web

8月21日(月曜日)
2 2
21日(月)
22日(火)
徳島県内のニュース
徳大生、ソース商品化 ネットで事業資金募る   2015/3/17 10:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳大生、ソース商品化 ネットで事業資金募る ネット上で事業資金を賛同者から募る「クラウドファンディングサービス」を活用し、徳島大の学生グループが県産野菜を使ったソースを開発した。手軽に野菜を摂取してもらい、糖尿病予防につなげたいと考案。約20万円を調達して商品化し、近く発売する。
 
 医学部栄養学科の学生10人が、地域活性化事業を手掛ける合同会社「ジャスティンラボラトリー」(徳島市)の協力を得て取り組んだ。県内発の地域活性化事業などを支援するクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)徳島」に事業計画を掲載し、昨年12月から寄付金を募集。1月末までに、34人から20万4千円が寄せられた。

 商品名は「うまから野菜ソース」(180グラム入り、税込み1千円)。細かく刻んで煮詰めた県産タマネギに、唐辛子やごま油を加えた。パスタソースとして麺に絡めたり空揚げの下味にしたりと、さまざまなメニューに手軽に使えるのが特長だ。

 吉野川市の食品加工会社に委託し、1千個を製造した。商品は、とくしまマルシェやジャスティンラボラトリーの事務所などで販売するほか、3千円以上の寄付者に贈られる。

 学生代表で3年の皆川祐希さん(21)は「おいしい県産野菜を使って地域の皆さんの健康に役立ちたいという思いに寄付者が応えてくれ、商品化できた。ぜひ食べてみて」と話している。
【写真説明】徳島大生が商品化した「うまから野菜ソース」=徳島市のジャスティンラボラトリー





 8月21日 
 8月20日 
 8月19日 
 8月18日 
 8月17日 
 8月16日 
 8月15日 
 8月14日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報