徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
16日(土)
17日(日)
徳島県内のニュース
上勝の植物資源を紹介 ミラノ万博で徳大准教授ら   2015/7/15 14:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

上勝の植物資源を紹介 ミラノ万博で徳大准教授ら 徳島大薬学部の笠原二郎准教授(神経病態解析学)らが13日、イタリア・ミラノで開かれたミラノ国際博覧会(万博)の学術イベントに参加し、上勝町の葉っぱビジネス「彩(いろどり)」や阿波晩茶について発表した。「人の健康と栄養における植物の利用」をテーマに、8カ国の研究者らが講演や意見交換を行い、徳島大はこのテーマにふさわしい例として同町を取り上げた。

 イベントはミラノ大主催で、イタリアをはじめインド、南アフリカなどの研究者や健康食品会社の担当者らが集まった。徳島大薬学部は、2013年9月にミラノ大薬学部と学術協定を結んでおり、参加を要請された。

 笠原准教授は意見交換会に出席し、約100人を前に、上勝町の棚田や原生林などの写真をスライドに映しながら、薬草が豊富な同町の自然環境を説明。月ケ谷温泉で開かれている薬草講座と薬草料理について話した。

 また、料理のつまものに使う葉っぱを商品化した「彩」の取り組みも紹介し、研究者らの関心を引き付けた。

 これに先立ち行われた講演会には、徳島大から2人が登壇。福井裕行特任教授(分子難治性疾患学)が、花粉症の症状改善につながることが期待される新しい抗アレルギー物質を、同町特産の阿波晩茶から抽出したことを発表した。宮本理人助教(医薬品機能生化学)は、スダチの果皮に含まれる物質に、血糖値の上昇を抑える効果があることを紹介した。

 イベントを終え、笠原准教授は「人々のニーズと調和させながら、地域の資源を活用していくことの大切さを感じた」と話した。

 20日には上勝町福原の福原ふれあいセンターで報告会が行われる。
【写真説明】上勝町の薬草について話す笠原准教授(左端)=ミラノ(笠原准教授提供)





 12月16日 
 12月15日 
 12月14日 
 12月13日 
 12月12日 
 12月11日 
 12月10日 
 12月9日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報