徳島新聞Web

9月25日(日曜日)
2 2
25日(日)
26日(月)
徳島県内のニュース
「正月御影供」60年ぶり復活 4番札所・大日寺の法要   2015/12/31 14:23
このエントリーをはてなブックマークに追加

「正月御影供」60年ぶり復活 4番札所・大日寺の法要 板野町黒谷の四国霊場4番札所・大日寺で2016年1月3日、弘法大師空海を供養する「正月御影供(みえく)」が60年ぶりに営まれる。大師堂にある弘法大師像の修繕と、大師堂の改修工事が終わったことから、お披露目を兼ねての復活となった。

 正月御影供は午後2時から大師堂であり、弘法大師像(高さ約40センチ)と、昼夜の大師が描かれた「両面大師」と呼ばれる2枚の肖像画(いずれも縦2・5メートル、横1・1メートル)を前に、真鍋俊照(しゅんしょう)名誉住職(76)が約1時間、読経と法話を行う。

 大師堂は一般公開され、自由に拝観できる。参拝者には、曼荼羅(まんだら)研究の第一人者の真鍋名誉住職が、花びらをかたどった紙に「南無大師遍照金剛」の法号と仏を描いた「マンダラサンゲ」が配られる。

 大日寺は2014年から5カ年計画で、寺や仏像を修理する大規模な改修工事を行っている。今年は、傷みの激しかった弘法大師像を修繕し、大師堂の屋根を直した。

 正月御影供は、真言宗の宗祖である弘法大師に感謝を伝えるとともに、新年に四国遍路を始める人を送り出す行事。真鍋名誉住職によると、大日寺では江戸時代中期の1763年ごろに始まり、真鍋名誉住職の祖父の故・戒善(かいぜん)さんが亡くなった1955年ごろまで続いた。四国の他の札所では行われていない。

 真鍋名誉住職は「いつかは復活させたいと思っていた。大師像を修繕して迎える新年が良い機会だと思った。途切れさせることなく続けていきたい」と話している。
【写真説明】正月御影供が行われる大日寺の大師堂=板野町黒谷





 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
 9月21日 
 9月20日 
 9月19日 
 9月18日 
 9月17日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報