徳島新聞Web

5月28日(土曜日)
2 2
28日(土)
29日(日)
徳島県内のニュース
徳島市住吉・城東地区の「ピンコロ健康教室」 口コミで参加者が倍増   2016/2/5 09:40
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島市住吉・城東地区の「ピンコロ健康教室」 口コミで参加者が倍増 地域の高齢者の健康増進に一役買おうと、徳島市住吉地区のボランティアグループ「すみれ会」(5人)が住吉・城東コミュニティセンターで毎週木曜日に開いている「ピンコロ健康教室」が好評だ。体操や音読など充実した内容が喜ばれており、開始から2年を迎えて参加者は倍増。交流の場としても定着しつつある。

 「ピンコロ」には元気に長生きしようというメッセージが込められている。教室は健康増進や認知症予防が目的で▽体を動かす▽声を出す▽頭を使う-が活動の柱だ。

 グループのメンバーで、認知症予防ゲームインストラクターの中島恭子さん(73)=同市住吉4=が講師を務めており、午後1時から2時間、手遊び、お手玉、ダンス、徳島新聞「こども鳴潮」の朗読や書き写し、暗算など、盛りだくさんのメニューを楽しむ。教室の最後には全員でお茶や菓子を囲んで談笑している。

 住吉・城東公民館の中島和夫館長(74)がすみれ会に話を持ち掛け、2014年1月に公民館講座として開講。当初の参加者は24人だったが、口コミで人気が高まり、現在は住吉・城東地区に住む69~92歳の48人が通う。開催頻度も、参加者の要望で隔週から毎週に増やした。

 毎回参加している丸石清子さん(84)=同市住吉4=は「通い始めて体調がいいし、新しい友達もできた」と魅力を語る。

 すみれ会のメンバーは「たくさん来てくれて私たちも楽しんでやっている。長く続けたい」と意欲を見せている。
【写真説明】ダンスに汗を流すピンコロ健康教室の参加者=徳島市住吉4の住吉・城東コミュニティセンター





 5月28日 
 5月27日 
 5月26日 
 5月25日 
 5月24日 
 5月23日 
 5月22日 
 5月21日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報