徳島新聞Web

5月27日(金曜日)
2 2
27日(金)
28日(土)
徳島県内のニュース
千年サンゴ、キャラ考案 徳島・牟岐小児童とキルト作家   2016/2/11 10:38
このエントリーをはてなブックマークに追加

千年サンゴ、キャラ考案 徳島・牟岐小児童とキルト作家 牟岐町沖の牟岐大島に生息する「千年サンゴ」をモチーフにしたキャラクター「千年さんごちゃん」が誕生した。パッチワークキルト作家の小栗加代子さん(70)=同町川長=と牟岐小学校の児童が考案した。着ぐるみとPRソングも作り、10日、保護活動が日本ユネスコ協会連盟(東京)の「プロジェクト未来遺産」に登録されたことを記念して町内で開かれた式典で、お披露目した。

 千年サンゴのキャラクター作りは小栗さんが企画し、千年サンゴの総合学習に取り組む同校児童と共にデザイン。千年サンゴがクリスマスツリー型をしていることから、三角形の胴体に目と口、手足を付け、親しみやすいピンクで統一した。

 このデザインを基に小栗さんが、主宰するキルト教室の受講生16人と着ぐるみを制作。100枚以上の布を使い、6カ月かけて完成させた。

 PRソングは、小栗さんと同校児童が昨年末、一緒に歌詞を考え、児童が口ずさんだメロディーを教諭2人が曲にまとめた。

 明るく軽快な曲調で、2番まで歌詞があり「海の守りは私たち 山の守りも私たち」「力を合わせて守ろうよ」などと自然保護を呼び掛ける内容となっている。

 海の総合文化センターで開かれた式典では福井雅彦町長が、未来遺産の登録が決定した12月7日を「千年サンゴの日」に定め、町の宝として継承していくことを宣言。児童146人が千年さんごちゃんと一緒に踊りながら、PRソングを歌った。
【写真説明】「千年さんごちゃん」と一緒にPRソングを歌う牟岐小児童=牟岐町海の総合文化センター





 5月27日 
 5月26日 
 5月25日 
 5月24日 
 5月23日 
 5月22日 
 5月21日 
 5月20日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報