徳島新聞Web

8月24日(水曜日)
2 2
24日(水)
25日(木)
徳島県内のニュース
主婦の薬味、人気上々 「まっちゃんのとうがらし」産直市で販売   2016/2/11 14:24
このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦の薬味、人気上々 「まっちゃんのとうがらし」産直市で販売 美馬市美馬町の主婦安永町枝さん(61)が、地元特産の青トウガラシで作った薬味商品「まっちゃんのとうがらし」が人気だ。夫の竹美さん(62)と二人三脚で、トウガラシの栽培から収穫、調理、瓶詰めまで、全て手作業。取り扱う市内外の産直市などで「家庭の味がする」「どんな食材にも合う」とリピーターを増やしている。

 まっちゃんのとうがらしは、まろやかな辛味が特長だ。特産薬味「みまから」の原料としても知られる青トウガラシを、自宅近くの畑で栽培。収穫後に細かく切って乾煎(からい)りし、香川県から取り寄せただししょうゆで、じっくりと煮詰める。

 年間千個ほど作っており、地元のJA美馬美馬支所(美馬市美馬町)をはじめ、ええもん市場(東みよし町中庄)、阿波食ミュージアム(石井町高原)などで販売している。1個(85グラム入り)550~600円。

 安永さんが青トウガラシの魅力にはまったのは、15年ほど前。香川県のうどん店で、トウガラシ入り薬味を気に入ったことがきっかけだった。早速、自作に挑み、試行錯誤して現在の味を完成させ、自宅でうどんや冷ややっこに使っていた。知人に配ったところ評判が良く、販売を勧められたため2013年9月から出荷を始めた。

 安永さんは「自分が作った薬味を、多くの人に食べてもらえてうれしい」と話している。問い合わせは安永さん<電0883(63)2348>。
【写真説明】手作り薬味「まっちゃんのとうがらし」が人気を呼んでいる安永さん=美馬市美馬町竹ノ内の自宅





 8月24日 
 8月23日 
 8月22日 
 8月21日 
 8月20日 
 8月19日 
 8月18日 
 8月17日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報