徳島新聞Web

12月10日(土曜日)
2 2
10日(土)
11日(日)
徳島県内のニュース
東京五輪・キャンプ地選び 独関係者が那賀町視察   2016/2/12 09:52
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪・キャンプ地選び 独関係者が那賀町視察 2020年東京五輪・パラリンピックのキャンプ地誘致を目指している徳島県の招きで来県しているドイツのカヌーの競技団体関係者が11日、那賀町を訪れ、県が練習場に想定している施設を視察した。

 訪れたのは、ニーダーザクセン州カヌー協会のトルステン・エレンベルグ副会長と州スポーツ連盟のミレナ・ウェバー主事。県や町職員の案内で、スラローム競技のコースがある那賀川の練習場や、スプリント競技の練習に適した川口ダム湖特設競技場などを見て回った。

 宿泊施設の一つとして想定される鷲敷野外活動センターについてウェバーさんは「とてもきれいな施設で驚いた。あらゆる機能がそろっているし、川も美しい」と話した。2人はセンターで、ビュッフェ形式の食事も楽しみ、「ヘルシーでおいしい」と評価。「選手にも同じ料理を提供してもらえるのか」と尋ね、センター側が了承した。

 エレンベルグさんは視察後、「カヌーの数が足りないかもしれない」と指摘し、「ドイツ人選手は体が大きいので、もっと大きなカヌーが必要だろう」と話した。

 ハンドボールの競技団体関係者は12日に鳴門アミノバリューホールの視察などを行う。
【写真説明】川の様子などを見学するドイツのカヌー競技関係者(左から1、2人目)ら=那賀町百合





 12月10日 
 12月9日 
 12月8日 
 12月7日 
 12月6日 
 12月5日 
 12月4日 
 12月3日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報