徳島新聞Web

7月25日(月曜日)
2 2
25日(月)
26日(火)
徳島県内のニュース
燃やしても有害物質出ず 上勝町が環境に優しいごみ袋導入   2016/2/12 14:05
このエントリーをはてなブックマークに追加

燃やしても有害物質出ず 上勝町が環境に優しいごみ袋導入 上勝町は焼却ごみの指定袋に、燃やしても有害物質が出ないリサイクル原料の製品を導入した。町全体でごみ排出ゼロを目指す「ゼロ・ウェイスト運動」の一環。

 導入したのは町独自の34分別のうち、「どうしても燃やさなければならない物」用のごみ袋。包装容器・資材販売のアネシス(徳島市川内町)の製品を採用した。プラスチックのリサイクル原料を使っており、燃やしても塩素ガスなどが発生しない。

 従来の長方形のごみ袋と異なり、力の弱い高齢者でも口元を縛りやすいように持ち手部分がある。使用する分を切り離して使うロール式で、コンパクトに収納できる。包装もリサイクル可能な紙ラベルで止めただけの簡易式で、包装用袋のごみ排出を減らすことができる。

 住民が間違えることが多い紙、プラスチック、生ごみを、袋に入れないようにイラスト付きでプリントするなど、利用者目線で工夫を凝らしている。

 45リットル容量10枚入り200円(税込み)で、従来製品と同一価格。町企画環境課の山城真季子主事(31)は「ごみ排出ゼロを目指すには、ごみの発生と抑制が大切。利便性もよく、できるだけ環境にも良いものを採用した」と話している。
【写真説明】上勝町が焼却ごみ用に導入したロール式のごみ袋=町役場





 7月25日 
 7月24日 
 7月23日 
 7月22日 
 7月21日 
 7月20日 
 7月19日 
 7月18日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報