徳島新聞Web

6月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
1日(金)
徳島県内のニュース
鳴門わかめ、偽装防止へ新組織 県認証制度の普及図る   2016/2/13 13:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

 鳴門わかめの産地偽装防止に向けて県が設けた認証制度の認証を受けている加工業者が12日、「鳴門わかめ認定業者連絡会議」を近く発足させることを決めた。制度の普及と偽装の再発防止を目指す。一方、鳴門市外の11業者でつくる「鳴門わかめブランド回復対策会議」は同日付で解散した。

 新しい連絡会議の発足準備会が徳島市の徳島経済産業会館であり、鳴門市の3業者と徳島市の1業者が参加した。規約の内容を話し合い「会員が偽装をしたら多額の罰金を課す」「偽装したのが会員以外でも損害賠償を請求する」など、二度と不正が行われないよう厳罰化する方針を打ち出した。

 18日に鳴門市で総会を開いて発足する。認証を受けている16業者中、この4業者以外に8業者が参加の意思を示しているという。

 設立を呼び掛けた「うずしお食品」(鳴門市)の後藤弘樹専務は「ブランドは失墜し危機的な状況だ。生産過程の透明化を図り、一から信頼回復に努めたい」と強調した。

 鳴門わかめブランド回復対策会議は、発足準備会に先立って開かれ、7業者の8人が出席。鳴門わかめブランド対策部会の部会長だった業者が偽装していた問題に怒りの声が相次いだ。

 連絡会議の発足準備会にも参加した森竹義浩会長が「県の認証は再発防止のための最終手段。対策会議を解散し、認証取得を進めていければ」と提案し、全会一致で解散を決めた。




 6月30日 
 6月29日 
 6月28日 
 6月27日 
 6月26日 
 6月25日 
 6月24日 
 6月23日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報