徳島新聞Web

8月29日(月曜日)
2 2
29日(月)
30日(火)
徳島県内のニュース
3月サーフィン全国大会 徳島・宍喰海岸で初級者競技   2016/2/21 13:36
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月サーフィン全国大会 徳島・宍喰海岸で初級者競技 県と海陽町、県サーフィン連盟は3月5、6の両日、同町宍喰浦の宍喰海岸と高知県東洋町の生見海岸で、「四国の右下サーフィンゲームズ」と銘打ったサーフィン大会を初めて開く。全国からトップアマを含む約190人が出場し、年齢・男女別などの13クラスで技を競う。

 2021年に徳島などで開かれる生涯スポーツの国際大会「関西ワールドマスターズゲームズ(WMG)」のプレ大会と位置付け、機運を盛り上げるのが狙い。

 県内からは日本サーフィン連盟(NSA)のランキングで15年のボーイズクラス(13~16歳)4位の西優司さん(15)=海陽中3年=や、ジュニアクラス(17~18歳)10位の武知虎南(こなん)さん(17)=阿南高専2年=ら35人がエントリーしている。

 主会場は5、6日とも生見海岸で、宍喰海岸では5日に初級者の競技が行われる。NSAの公認大会で、成績はNSAの年間ランキングに反映される。

 関西WMGでは、宍喰、生見の両海岸がサーフィン競技会場となる見通し。県などは今大会を通じて、関西WMGの認知度向上を図る。県民スポーツ課は「県外から訪れる参加者に美しい自然を満喫してもらい、成功につなげたい」としている。
【写真説明】3月に宍喰海岸などで開かれる「四国の右下サーフィンゲームズ」のポスター





 8月29日 
 8月28日 
 8月27日 
 8月26日 
 8月25日 
 8月24日 
 8月23日 
 8月22日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報