徳島新聞Web

7月1日(金曜日)
2 2
30日(木)
1日(金)
徳島県内のニュース
しし鍋や田楽振る舞う 三好市で廃校利用の民宿お披露目   2016/3/12 14:13
このエントリーをはてなブックマークに追加

しし鍋や田楽振る舞う 三好市で廃校利用の民宿お披露目 三好市西祖谷山村有瀬の生活改善グループ「有瀬つくし会」が、旧有瀬小学校校舎を改修し、民宿「楽校の宿 あるせ」を設けた。過疎が進む地区の交流人口の拡大につなげるのが目的。つくし会の会員が接客や調理などの腕を磨き、4月1日に正式オープンする。

 あるせは、標高約400メートルにある廃校舎(鉄筋コンクリート3階建て)の教室や図書室を改修。2階に客室4室(定員計25人)、1階に食堂や浴室、調理場を設けた。廊下と階段には有瀬小卒業生の切り絵や、住民が撮影した雲海などの写真を展示している。

 市から建物を無料で借り、国から助成金1700万円を受けて整備した。会員14人が運営に当たり、山菜収穫やそば打ち、こんにゃく作り、ハイキングなどの体験メニューを用意。こんにゃくや天ぷらなどの加工品も作って販売する予定だ。

 11日、知人らを招いてプレオープンし、しし鍋や田楽、そば米雑炊を振る舞った。宿泊した高知県大豊町の岡崎博臣さん(67)は「学校の趣も残っていて懐かしい気分になった」と喜んでいた。

 つくし会の岡崎久子会長(74)は「素人の集まりだが、できる限りのおもてなしで迎える。ゆっくりとくつろいでもらい、多くの人に有瀬を好きになってほしい」と話した。

 宿泊料は1泊2食付きで7千円。問い合わせは<電0883(84)1337>。
【写真説明】「楽校の宿 あるせ」の客室を見て回る宿泊者ら=三好市西祖谷山村





 6月30日 
 6月29日 
 6月28日 
 6月27日 
 6月26日 
 6月25日 
 6月24日 
 6月23日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報