徳島新聞Web

9月29日(木曜日)
2 2
29日(木)
30日(金)
徳島県内のニュース
補聴器・人工内耳に音声届ける 磁気ループを無料貸し出し   2016/3/19 14:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

補聴器・人工内耳に音声届ける 磁気ループを無料貸し出し 障害者への差別的扱いを禁止する障害者差別解消法が4月に施行されるのを前に、県立障がい者交流プラザ視聴覚障がい者支援センター(徳島市南矢三町2)は、補聴援助機器「携帯型磁気ループ」の無料貸し出しを始めた。講演会などを開く団体の関係者らに利用を呼び掛ける。

 磁気ループはループアンテナで囲った空間に音声磁場をつくることで、補聴器や人工内耳、専用の受信機などに音声信号を届ける仕組み。周りで雑音があっても、音源から発せられた音だけを聞き取りやすくなる。

 県内では同プラザやアスティとくしま、県立中央病院など一部の県有施設に埋め込み式の磁気ループが設置されているが、多くの公共施設にはない。センターには難聴者から「多くの講習会に参加できない」と、環境整備を求める声が少なからず寄せられていた。

 差別解消法では、障害者から助けを求められた際、過重な負担にならない範囲で対応する「合理的配慮」を公的機関に義務付け、民間事業者にも努力義務としている。4月には県の「障がいのある人もない人も暮らしやすい徳島づくり条例」が施行されることから、配慮の一つとして、磁気ループを貸し出すことにした。

 貸し出すのは障害者団体や教育機関などセンターが適当と認めた団体で、期間は原則1週間。

 19日には磁気ループの使い方を学んでもらう講習会をセンターで開く。センターの西條美鈴所長は「聞こえにくい人の社会的参加の機会を増やすため、積極的に活用してほしい」と話している。

 磁気ループは県難聴者と支援者の会でも4月から無料で貸し出す。問い合わせはセンター<電088(631)1400>。
【写真説明】貸し出しが始まった携帯型磁気ループシステム





 9月29日 
 9月28日 
 9月27日 
 9月26日 
 9月25日 
 9月24日 
 9月23日 
 9月22日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報