徳島新聞Web

12月3日(土曜日)
2 2
3日(土)
4日(日)
徳島県内のニュース
徳島市長選20日告示 4氏立候補へ、27日投開票   2016/3/20 09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 任期満了に伴う徳島市長選は20日、告示される。立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで市役所9階で受け付ける。立候補するとみられるのは現職の原秀樹氏(60)=同市南前川町4=と、弁護士の立石量彦(40)=同市幸町3、元四国放送アナウンサーの遠藤彰良(60)=同市末広5、NPO法人理事長の小松格(69)=同市吉野本町2=の新人3氏で、いずれも無所属。投票は27日で、即日開票される。

 原陣営は午前9時から市役所市民広場東側で出陣式を開く。選対本部長の近藤宏章徳島商工会議所会頭があいさつした後、原氏は福山守衆院議員らの激励を受け、第一声を上げる。午後3時には徳島駅前に立ち、松井一郎大阪府知事と共に街頭演説する。

 立石陣営の出陣式は午前9時から新町橋1の西新町1丁目商店街近くの国道沿いで行う。久次米尚武選対本部長(市議)らに続き、立石氏が選挙戦への決意を述べる。問屋町の日曜市や徳島駅前など人出の多い場所を中心に回り、随所で街頭演説する。

 遠藤陣営は午前9時から北島田町1の事務所前で出陣式。後藤田正純衆院議員と美馬秀夫市議(自民党市議団会長)が激励した後、遠藤氏があいさつし、ガンバロー三唱で気勢を上げる。選挙カーで市内を一巡し、高い知名度を武器に支持拡大を図る。

 小松陣営は、午前10時から吉野本町2の小松氏の自宅近くの駐車場で出陣式を行う。その後、小松氏は選挙カーで徳島駅前を皮切りに佐古、沖洲、川内各地区を回り、街頭演説などで訴えの浸透を図る。夜は知人らに電話をかけて支持を呼び掛ける。




 12月3日 
 12月2日 
 12月1日 
 11月30日 
 11月29日 
 11月28日 
 11月27日 
 11月26日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報