徳島新聞Web

7月28日(木曜日)
2 2
28日(木)
29日(金)
徳島県内のニュース
上板町観光物産協、散策道2ルート整備 観光客の呼び込み狙う   2016/3/28 14:13
このエントリーをはてなブックマークに追加

上板町観光物産協、散策道2ルート整備 観光客の呼び込み狙う 上板町観光物産協会が、同町泉谷の観光施設「技の館」を起点とするウオーキングコースを2ルート整備した。町外から観光客を呼び込むのが目的。県内有数の桜の名所「松島千本桜」、吉野川流域を一望できる「台山公園」、ホタルの乱舞を楽しめる「泉谷川」などの名所を楽しんでもらう。

 整備されたのは「さくらコース」と「台山みはらしコース」。いずれも3・2キロで、40分~1時間でゴールできる。

 さくらコースは、県立農林水産総合技術支援センター畜産研究課内の通称・松島千本桜の横を通過。家畜伝染病予防のため敷地内には入れないが、ソメイヨシノなど約800本が咲き乱れる様子はフェンスの外から見ても絶景だ。

 台山みはらしコースは、標高約100メートルの台山公園からの眺望が売り。公園内に設けられた展望所からは、吉野川の河口や大川原高原、高越山などを一望できる。

 周辺地域は日当たりのよい南向きのなだらかな傾斜地で、阿波和三盆糖の原料となるサトウキビの畑や水田、葉タバコ畑などが点在する農村風景を満喫できる。阿讃山脈から流れ出す「泉谷川」では、例年5月下旬から6月上旬に掛けて無数のゲンジボタルが出現し、多くの見物客でにぎわう。

 コースは、観光物産協会と町が協力して整備。曲がり角には案内板を設置した。マップ各3千枚も作り、技の館で配っている。

 町観光物産協会事務局の片桐和佳子さんは「季節ごとに違った風景を楽しむことができるコース。何度でも足を運んでほしい」としている。
【写真説明】【写真上】台山公園から見る吉野川流域の眺望=上板町泉谷【写真下】上板町の技の館周辺をめぐるウオーキングコースを紹介するマップ





 7月28日 
 7月27日 
 7月26日 
 7月25日 
 7月24日 
 7月23日 
 7月22日 
 7月21日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報