徳島新聞Web

7月30日(土曜日)
2 2
30日(土)
31日(日)
徳島県内のニュース
「責任の重さ感じる」 遠藤新徳島市長、高揚した表情で語る   2016/3/28 15:21
このエントリーをはてなブックマークに追加

「責任の重さ感じる」 遠藤新徳島市長、高揚した表情で語る 27日投開票された徳島市長選で初当選した遠藤彰良さん(60)は一夜明けた28日午前、同市北島田町1の事務所で喜びを語った。4人による混戦を制したことについて「多くの市民が支援してくれた結果。責任の重さを感じている」と高揚した表情で語り、「期待に応えられるよう、しっかり市政に取り組みたい」と意気込みを見せた。

 当選後、大学の先輩に当たる落語家三遊亭円楽さんをはじめ、支持者や友人からの祝福メッセージが200通ほどスマートフォンに届いた。一つ一つ返信するのに時間がかかり、2時間しか寝られなかったという。「『一夜明けて』という感覚がない。当選の夜がそのまま続いている感じ」と上気した顔で振り返った。

 家族も祝福してくれた。がんで闘病中の妻美和さん(51)は当選を祝う事務所には来られなかったが、自宅で喜んでくれた。「お疲れさま。よう頑張ったな」と声を掛けられ、「ありがとう」と応えたやりとりをはにかみながら紹介した。

 投票総数の43%の約4万1千票を取ったことについては「想定よりはるかに多く『遠藤は本気で再開発事業を白紙撤回する』と信頼してくれた表れ。ただ、アナウンサーとして(活動してきた自分を)支持してくれた人が多いと思うので、これからは市長として期待に応えたい」と述べた。

 自らの持ち味について「人の意見を聞くのが得意なこと」と分析した。「市民や現場の意見をどんどん聞き、情報を集め、検証して何が最善なのかを判断する。そんな開かれた行政をつくっていきたい」と表情を引き締めた。
【写真説明】自身の当選を報じる新聞に目を通す遠藤さん=午前8時ごろ、徳島市北島田町1の事務所





 7月30日 
 7月29日 
 7月28日 
 7月27日 
 7月26日 
 7月25日 
 7月24日 
 7月23日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報