徳島新聞Web

7月24日(月曜日)
2 2
24日(月)
25日(火)
徳島県内のニュース
「今を大事に生きて」 寂聴さん法話、被災地へ思いはせ   2016/4/18 09:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

「今を大事に生きて」 寂聴さん法話、被災地へ思いはせ 「大きな地震はいつ起こるか分からない。きょうしかないと思って今を大事に生きましょう」。徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(93)は17日、京都市の寂庵で法話の会を開き、聴衆約150人を前に熊本地震の被災地へと思いをはせながら、災害の多い日本で生きる心構えを説いた。

 東日本大震災など大地震が発生するたび、被災地を訪問してきた寂聴さん。「行っても何もできないけれど、マッサージしながら話を聞かせてもらうと、被害に遭った人がほっとしてくれるの。でも今回は交通機関が寸断されているし、行けない」と、悔しそうな表情を浮かべた。

 鹿児島県の川内原発についても触れ「政府はちゃんと情報を出しているのかしら」と疑問を投げ掛けた。
【写真説明】「今を大事に生きて」と語り掛ける寂聴さん=京都市の寂庵





 7月24日 
 7月23日 
 7月22日 
 7月21日 
 7月20日 
 7月19日 
 7月18日 
 7月17日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報