徳島新聞Web

10月21日(土曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
徳島県内のニュース
熊本地震、危険度判定士を派遣 徳島県が新たに6人   2016/4/22 14:04
このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本地震、危険度判定士を派遣 徳島県が新たに6人 徳島県は22日午前、熊本地震の被災地支援のため、建物や宅地の安全度を調査する「被災宅地危険度判定士」と「被災建築物応急危険度判定士」の資格を持つ職員計6人を熊本県に派遣した。

 第1陣となる被災宅地危険度判定士の3人は熊本市役所に入り、指示を受けた場所で宅地の擁壁や裏山が崩れる危険性はないかなどを調べる。第2陣の被災建築物応急危険度判定士の3人は熊本県内で被災家屋の倒壊の危険性を判断する。いずれも活動は26日まで。

 県庁で行われた出発式で、宅地危険度判定士の堀英彦砂防防災課課長補佐(51)は「徳島県内が被災した時のことも思い、全力で取り組む」とあいさつした。
【写真説明】被災地支援に出発する県職員=県庁





 10月20日 
 10月19日 
 10月18日 
 10月17日 
 10月16日 
 10月15日 
 10月14日 
 10月13日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報