徳島新聞Web

6月29日(木曜日)
2 2
28日(水)
29日(木)
徳島県内のニュース
都内の県拠点整備に県内素材を 業者が製品アピール   2017/2/12 14:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

都内の県拠点整備に県内素材を 業者が製品アピール 徳島県は、東京都渋谷区で整備を進める情報発信・交流拠点「Turn(ターン) Table(テーブル)」に県内の素材や技を多く活用するため、11日、神山町下分の神山バレー・サテライトオフィスコンプレックスで参入希望者を集めた交流会を開いた。

 木工や照明技術、和紙などを扱う30余りの会社や職人が参加し、拠点の計画リーダー小川貴一郎さん(46)=デザイナー、大阪市=らに製品を紹介。那賀ウッド(那賀町)は竹粉を使った自然素材の内装材、絹や(徳島市)は藍染の皮製品を示しながら特長を説明していた。小川さんらは価格や用途などについて質問していた。

 阿波藍しじら織を持参した加藤織布(徳島市)の山崎純部長(42)は「施設のテーブルウェアなどにしじらを薦めに来た。従来の物産館とはひと味違うようなので注目している」と話した。

 小川さんは「想像しなかった提案ばかり。徳島の可能性を再認識できた」と述べた。

 拠点は、5階建てビルを改装し、マルシェやレストラン、宿泊施設を設ける。本年度内に設計をまとめ、17年度中の開業を目指している。
【写真説明】県の新拠点の整備に向けて意見を交わす参加者=神山町下分の神山バレー・サテライトオフィスコンプレックス





 6月28日 
 6月27日 
 6月26日 
 6月25日 
 6月24日 
 6月23日 
 6月22日 
 6月21日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報