徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
21日(月)
22日(火)
徳島県内のニュース
三好市新庁舎移転先を変更 来年度の着工不可能に   2017/2/16 10:09
このエントリーをはてなブックマークに追加

三好市新庁舎移転先を変更 来年度の着工不可能に 三好市の黒川征一市長は15日、市本庁舎の移転・新築計画について、移転先を「池田栄町バスターミナル広場」(同市池田町サラダ)から、現庁舎の北側駐車場とその西側の民有地(同)に変更すると発表した。老朽化した現庁舎は解体せずに耐震化し、新本庁舎と併用する。建設工事費を抑えるのが目的で、当初予定していた2017年度の着工は不可能になった。

 計画見直しに伴い、現在の庁舎跡地に整備する予定だった「多目的ホール棟」は建設を中止。機能を新本庁舎に組み込む。新本庁舎の延べ床面積は、事務機能部分が約5千平方メートル、ホール機能部分が約1500平方メートルとなる見込み。

 見直し理由について黒川市長は「資材費用や労務単価など建設工事費の高騰に加え、人口減少による歳入減少や市議会、住民からバス広場への建設に反対する意見が相次いだため」と説明した。新たな総事業費など、今後の具体的な計画については、23日の市議会全員協議会で説明する。

 市は16年度一般会計予算に計上した本庁舎の設計、用地取得など整備事業費3億7754万円については執行できないため、27日開会の市議会2月定例会議に3億5344万円を減額する補正予算案を提案する。これに伴い、15日発表の17年度当初予算案に、関連事業費3億8183万円を再計上した。

 市は16年7月、本庁舎棟と多目的ホール棟の整備計画を策定。2棟を合わせた延べ床面積は約9千平方メートルで本体工事費は約40億5千万円、設計費や用地購入費を加えた総事業費は約60億3600万円の見通しとしていたが、これを上回る可能性が高まっていた。

 黒川市長は「古い物を活用して建築費用を抑える。合併特例債を繰り越しできる21年度末までには、関連事業を終えたい」と話した。




 8月21日 
 8月20日 
 8月19日 
 8月18日 
 8月17日 
 8月16日 
 8月15日 
 8月14日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報