徳島新聞Web

6月27日(火曜日)
2 2
27日(火)
28日(水)
徳島県内のニュース
インディゴソックス 海陽でキャンプイン   2017/3/7 10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

インディゴソックス 海陽でキャンプイン 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスの春季キャンプが6日、海陽町の蛇王球場でスタートした。13日までの8日間、「チーム力向上」をテーマに掲げ、連係プレーの精度を高める。紅白戦や交流戦で試合勘を養うとともに、年間を通して戦えるスタミナをつける。

 29選手中26選手が参加。ベンチ前で円陣を組み、養父監督が「厳しいキャンプになるが、明るく元気に乗り切り、レベルアップを図ろう」と激励した。

 午前はランニングやダッシュ、キャッチボールで体をほぐした後、投手陣と内野手が守備につき、約1時間、バント処理などの連係プレーを練習した。3年目の遊撃手平間(鳴門渦潮高出)は「まだ声かけがうまくいかないので、しっかり息が合うように頑張りたい。サインプレーも全員で覚えていく」と話した。

 午後は野手陣が特守や特打、投手陣が体幹トレーニングやランニングで汗を流した。
 チームは12日午後0時半から蛇王球場で環太平洋大と交流戦を行い、4月2日の愛媛との開幕戦に向けて調整する。

 ◆張氏がコーチに

 昨季、徳島でプレーした台湾出身の張泰山氏が、海陽町のキャンプ地を訪れ、徳島の臨時コーチを務めた。

 台湾プロ球界で2千本安打を達成した元スター選手は、若手選手の打撃を指導したり、打撃投手を務めたりした。現役でのプレー続行を望んでいるが、経験を積むために打撃コーチを引き受けた。キャンプ終了まで同行する予定で「選手のいいところをさらに伸ばせるようアドバイスしたい」と意気込んでいた。

 張氏は4日から来県。22日まで県内に滞在する。
【写真説明】春季キャンプが始まり練習に打ち込む選手=海陽町の蛇王球場





 6月27日 
 6月26日 
 6月25日 
 6月24日 
 6月23日 
 6月22日 
 6月21日 
 6月20日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報