徳島新聞Web

7月22日(土曜日)
2 2
21日(金)
22日(土)
徳島県内のニュース
車いす利用者も安全に札所巡り 参拝ルートの冊子製作   2017/3/14 09:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

車いす利用者も安全に札所巡り 参拝ルートの冊子製作 身体障害者の四国霊場巡りを促そうと、四国八十八カ所霊場会の公認先達、灘健二さん(68)=奈良県王寺町=が、八十八カ寺の車いすで参拝できるルートなどをまとめた冊子を作った。昨年9月から約2カ月間かけて、かかしを乗せた車いすを押しながら身体障害者の目線で各寺を点検した。冊子は希望者に無料で配布し、身障者の巡礼に役立ててもらう。

 冊子はA4判48ページ。大師堂や山門の配置が分かるイラストと、車いすのままで参拝が可能な本堂までのルート、身障者用トイレの有無などを88カ所ごとに網羅した。車いすで宿泊可能な宿の連絡先も掲載している。

 10番札所・切幡寺(阿波市)は駐車場からの坂がきつくて車いす利用者に注意を呼び掛けているほか、12番・焼山寺(神山町)では境内の砂利が深く、支援者の必要性を訴えている。

 これまで100回以上の結願を果たした灘さんは、石段があって本堂まで近づけないお遍路さんを何度も見てきた。そこで、各寺に改善を求めながら冊子作りにも生かそうと、昨年9月、車いすを押して各寺を回る“啓発巡礼”を始めた。

 灘さんは「札所巡りを諦めていた人が、お参りに行こうという気持ちになってもらえれば」と話している。

 300部作製し、必要な人には無料で送付する。問い合わせは灘さん<電090(4284)8701>。
【写真説明】灘さんが作った車いす利用者向けの巡礼冊子





 7月21日 
 7月20日 
 7月19日 
 7月18日 
 7月17日 
 7月16日 
 7月15日 
 7月14日 
メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報