徳島新聞Web

4月30日(日曜日)
2 2
30日(日)
1日(月)
徳島県内のニュース
2016年閉鎖 東みよしの民営プール、5月復活   2017/4/16 14:04
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年閉鎖 東みよしの民営プール、5月復活 27年の歴史がある東みよし町中庄の民営プール「ドルフィンスイミングクラブ」がいったん閉鎖されたものの、地域住民の要望で運営主体を変えて再オープンすることになった。5月の再開に向けて元利用者ら20人余りが15日、施設の内壁をペンキで塗るなどのお色直しを始めた。

 プールは1990年に大阪市の建設会社が開設。6レーンあり、一時は1日平均約350人が利用したが徐々に減った。2014年からは町商工会が建設会社から施設を借り、町から年600万円の補助を受けて運営していたが、施設の老朽化を理由に昨年9月、いったん閉鎖を決めた。

 そこで地域住民らから再開を求める声が上がり、元利用者らが存続を求める署名約3300人分を集めて町などに提出。関係団体が存続できないか協議し、建設会社が修繕費の負担を申し出た。

 これを受け、プールの元支配人らが今年2月、一般社団法人県西部水泳振興会を設立。建設会社から施設を借りて運営することになった。

 6年前に水泳を始め、中学入学後はほぼ毎日通っていた三野中3年大浦優之介さん(14)は「ずっと続けていた水泳ができず、コーチや仲間にも会えなくなってさみしかった。復活はうれしい」と喜ぶ。振興会の松浦裕介代表理事は「子どもにとっては学校と家庭以外の大切な居場所で、大人にとっては自由にくつろげる社交の場。今後もずっと残していきたい」と話している。

 お色直しは16日も行われる。22日に開所式があり、5月1日に再オープンする予定。
【写真説明】プールの再オープンに向け、壁を塗り直す元利用者ら=東みよし町のドルフィンスイミングクラブ





 4月30日 
 4月29日 
 4月28日 
 4月27日 
 4月26日 
 4月25日 
 4月24日 
 4月23日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報