徳島新聞Web

6月26日(月曜日)
2 2
26日(月)
27日(火)
徳島県内のニュース
火災の難逃れた重文の本尊 23日公開 童学寺   2017/4/18 09:58
このエントリーをはてなブックマークに追加

火災の難逃れた重文の本尊 23日公開 童学寺 3月の火災で本堂が全焼した石井町石井の童学寺は、本尊で国指定重要文化財の「木造薬師如来坐像(ざぞう)」(像高64センチ)を23日に一般公開する。消火活動や火事の後片付けに尽力してくれた住民に感謝を表すとともに、本堂などの再建に向けた機運を盛り上げる。

 童学寺の塩田龍澄(りゅうちょう)住職によると、平安末期の作とされる坐像は秘仏として毎年4月12日の法要時に檀家(だんか)にのみ公開されており、一般公開は初めて。当日は本堂に隣接する聖天(しょうでん)堂に展示され、誰でも自由に拝観できる。

 火災では、本堂や庫裏(住居兼台所)が全焼し、25体ある仏像のうち8体が焼失したり破損したりした。坐像は塩田住職が運び出して無事だった。

 寺は本堂の再建と坐像の台座などの修復に向けて寄付を募っている。17日に県庁で会見した塩田住職は「単なる再建でなく、多くの人に訪れてもらえる新しい寺になるよう、寄付やアイデアを寄せてほしい」と話した。

 一般公開は午前10時から午後4時まで。問い合わせは童学寺<電088(674)0138>。
【写真説明】国指定重要文化財の木造薬師如来坐像(石井町提供)





 6月26日 
 6月25日 
 6月24日 
 6月23日 
 6月22日 
 6月21日 
 6月20日 
 6月19日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報