徳島新聞Web

12月18日(月曜日)
2 2
18日(月)
19日(火)
徳島県内のニュース
ノンフィクション作家城戸久枝さん 「黒島の女たち」を刊行   2017/4/19 14:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

ノンフィクション作家城戸久枝さん 「黒島の女たち」を刊行 徳島大出身のノンフィクション作家城戸久枝さん=松山市生まれ、横浜市在住、写真=が、「黒島の女たち 特攻隊を語り継ぐこと」(文芸春秋)を刊行した。戦時中、不時着した特攻隊員と介抱した住民との70年以上にわたる交流と、戦争体験を語り継ぐ人たちの姿を描いている。

 1945年春、鹿児島県沖の小さな島「黒島」に特攻隊員が不時着し、島民は精いっぱい介抱した。命を救われた元特攻隊員と黒島の人たちとの交流は現在まで続いている-。

 城戸さんは2年前、映画監督の故小林広司さんのドキュメンタリー番組と著書「黒島を忘れない」をきっかけに黒島を知った。「黒島の女たち」には、戦時中のエピソードと、城戸さんが取材した黒島での慰霊祭の様子や、小林さんの遺志を継いだ妻ちえみさんの物語が織り交ぜられている。

 城戸さんは、中国残留孤児だった父の半生を追った「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」(2007年)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。戦争体験の継承をテーマに執筆を続けている。

 今作では、戦争を経験していない世代が戦争を語り継ぐことをテーマに据えた。戦争体験者の話を聞く機会が減る中で、体験者の思いを次世代につなげていくことが重要だと感じている。


(徳島新聞4月19日付文化面に掲載した記事の再構成。城戸さんへのメールインタビュー全文は下記リンクで紹介している。)


城戸久枝さんのメールインタビュー全文



 12月18日 
 12月17日 
 12月16日 
 12月15日 
 12月14日 
 12月13日 
 12月12日 
 12月11日 

メニュー
 徳島ヴォルティス        高校野球
 社説        鳴潮           号外       地震
 ニュースリリース           不審者
 人事       訃報